So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

リバティ・バランスを射った男他3本 [映画]

「リバティ・バランスを射った男」
今年の341本目。1962年、ジョン・フォード監督作品。
ジョン・ウェイン&ジェームズ・スチュアート。これはよいなあ。

「列車に乗った男」
今年の342本目。2002年、パトリス・ルコント監督作品。
ラストはどうかなとも思うが全体的にはよかった。ジャン・ロシュフォール。

「黄金銃を持つ男」
今年の343本目。1974年、ガイ・ハミルトン監督作品。
007シリーズ第9弾。クリストファー・リーってちょっと懐かしいかも。

「死神の谷」
今年の344本目。1921年、フリッツ・ラング監督作品。
サイレントは科白がない分、映像で語る美しいシーンがたくさん。
nice!(0)  コメント(0) 

幹事長 [雑記・その他]

「幹事長(かんじちょう)」と「感じちゃう(かんじちゃう)」は一字違いだなあ。
うむう、かんじちゃうかんじちょう(感じちゃう幹事長)!!

そんなことを考えながらしみじみと週末の一人酒。
nice!(1)  コメント(0) 

八王子でランチ [雑記・その他]

今日は有休を取って4週連続の週末3連休。
せっかくなので昼は遠出をして八王子ラーメンを食べる。
初めての八王子ラーメンというか八王子駅で降りるのも初めて。
やっぱりちょっと遠いわ。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年11月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年11月1日〜15日)
「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神(笙野頼子)」
「わたしの崋山(杉浦民平)」「夢うつつの図鑑(吉田直哉)」
「その先は永代橋(草森紳一)」

半月で4冊と冊数的にはさみしいが中身は濃かった。
笙野頼子は相変わらずだし草森紳一は常に刺激的。
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

11月5日(日)…「御めん亭」「ささ谷口屋」
11月6日(月)…「よもだそば」「ベローチェ」「緒川」
11月7日(火)…「桃太郎」「待合室2」「元酒屋」
11月8日(水)…「ABCラーメン」「ベローチェ」「いづろ」
11月9日(木)…「うどんが呼んでいる」「秋田県阿仁のマタギ屋敷」
11月10日(金)…「こうらん」/「鳥長」(行徳)
11月11日(土)…「麦わら」「玉寿司」
11月12日(日)…「来華」「ドトールコーヒー」「たこ井」
11月13日(月)…「あるでん亭」「待合室2」「鳥信」
11月14日(火)…「多奈可家」「タリーズコーヒー」「笑福」

未だランチはダブらずに違う店に行っている。
ここまで来たらとりあえず今年一年は継続するか。
nice!(0)  コメント(0) 

さぶちゃん [雑記・その他]

せ、せっかくなので北島三郎オンステージを見る。
nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりに怒る! [雑記・その他]

だいぶ前にブックオフで買った映画のDVD。
井原西鶴原作、増村保造監督、市川雷蔵主演の「好色一代男」。
楽しみにしていていざ観てみようと開けたら中に入っていたのは全然違うDVD。
なんと「北島三郎オンステージ魂の唄を…」。
とりあえずちょっと見たけど……いよっ!サブちゃんって。
ふ、ふ、ふざけんなよブックオフ!!

まあ、でもちょっと面白い。なぜサブちゃん。
nice!(0)  コメント(0) 

やっと大きくなりました [酒の肴]

昨日行った居酒屋のメニュー札のサンマに添えられたコピー。
たしかに今年のサンマは小ぶりなものが多かった。
そろそろ秋は終わりかなと思いながら刺身を食べる。

今月くらいから冬メニューでセコガニとかフグとか魅力的だ。
暑がりの私は酒を飲むのはやはり冬がしみじみとして好きだな。
一人鍋とか、一人ヒレ酒とか、一人行き倒れとか……。
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ鍋 [酒の肴]

先週マタギ料理を中心に秋田の味が楽しめるお店に行った。
残念ながらその日は熊がなかったが鹿に猪に馬に兎も食べる。
しかしそれらの肉類よりもずっと気に入ったのがキノコ鍋。
学生時代にいろいろキノコを買って鍋にしたのを思い出す。
外食でキノコ鍋ってありそうであまり見かけない。
締めはもちろん稲庭うどんを投入です。
nice!(0)  コメント(0) 

ザ・プレイヤー他3本 [映画]

「ザ・プレイヤー」
今年の337本目。1992年、ロバート・アルトマン監督作品。
ハリウッドスターがいっぱい。やはりアルトマンは面白い映画を作る。

「バラキ」
今年の338本目。1972年、テレンス・ヤング監督作品。
チャールズ・ブロンソン。発音は「バラチ」が近いが邦題は「バラキ」。

「ヒバクシャ 世界の終わりに」
今年の339本目。2003年、鎌仲ひとみ監督作品。
イラク、日本、アメリカのヒバクシャを追ったドキュメンタリー。

「愛と呼ばれるもの」
今年の340本目。1993年、ピーター・ボグダノヴィッチ監督作品。
いかにも「ラストショー」のボグダノヴィッチ好みの話なのだが……。
nice!(0)  コメント(0) 

新橋古本市 [古本・古本屋]

最近落ち込んでいる読書量を増やすための作戦。
とりあえず本を買って未読本の山を増やしていく。
そうすれば読まねばという気持ちも高まっていくのではないか。

という訳で今日はSL広場の古本市で3冊だけだが購入する。

「杉浦明平論(平野栄久)」
「円の冒険(草森紳一)」
「あかんやつら 東映京都撮影所血風録(春日太一)」
nice!(0)  コメント(0) 

3週連続の [雑記・その他]

今日はまだ水曜だが今週は随分働いたような気がする。
なので明日もう一日働いたら金曜は有休にして3連休を取ろう。
これで3週連続の3連休だ。目指せ週休3日制。おー!!
nice!(0)  コメント(0) 

 [雑記・その他]

さっそく歯医者に予約を入れて行って来た。
詰め物が取れた歯はまた虫歯になっていたので少し削る。
新たに型を取って一週間後にまた詰めてもらうこととなる。

しかしいくつになっても歯医者さんは怖いなあ。
キュイーンキュイーン!
nice!(0)  コメント(0) 

パリ,テキサス他3本 [映画]

「パリ,テキサス」
今年の333本目。1984年、ヴィム・ヴェンダース監督作品。
今更だがカンヌでパルムドールを取ったヴェンダースの代表作を観る。

「フォッグ・オブ・ウォー」
今年の334本目。2003年、エロール・モリス監督作品。
アカデミー最優秀長編ドキュメンタリー映画賞受賞。良かった。

「野菊の如き君なりき」
今年の335本目。1955年、木下惠介監督作品。
こういうシンプルで純粋な物語にも感動してしまうのであった。

「ロスト・ハイウェイ」
今年の336本目。1996年、デヴィッド・リンチ監督作品。
とてもヘンな話なのだがリンチらしさ満載で強烈に惹きつけられる。
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

10月25日(水)…「柳屋」(久喜)/「三徳」
10月26日(木)…「SATCHMO」「笑福」
10月27日(金)…「亀楽」「ささ谷口屋」
10月28日(土)…「欽福」「貝せん」
10月29日(日)…「叙香苑」「ドトールコーヒー」
10月30日(月)…「グリーンゲイブルス」「鳥信」
10月31日(火)…「こはら」「いけたに」「くに」
11月1日(水)…「スケベニンゲン」「入船」
11月2日(木)…「芳とも庵」「栄寿司(門仲)」
11月3日(金)…「キッチンポパイ」「おてん」
11月4日(土)…「大福菜園」「ビートル」

やっぱりとてもいい店だよ門前仲町の「ささ谷口屋」。
高円寺「貝せん」は貝好きにはたまらない。
銀座「スケベニンゲン」のパスタも種類豊富で魅力的。
nice!(0)  コメント(0) 

ゴースト・オブ・マーズ他3本 [映画]

「ゴースト・オブ・マーズ」
今年の329本目。2001年、ジョン・カーペンター監督作品。
ここまで来るとB級感というよりC級な感じであまりいただけない。

「死ぬのは奴らだ」
今年の330本目。1973年、ガイ・ハミルトン監督作品。
三代目ボンドのロジャー・ムーアが登場するシリーズ第8弾。

「精神」
今年の331本目。2008年、想田和弘監督作品。
想田監督による観察映画第2弾。そこに切り込んできましたか。

「大逆転」
今年の332本目。1983年、ジョン・ランディス監督作品。
なんだかジョン・ランディスもエディ・マーフィも懐かしいなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

歯の…… [雑記・その他]

今日台湾からのゲストにお土産でいただいたお菓子。
クルミたっぷりでおいしいがねっとりとヌガー的な食感。
これは歯の詰め物が取れる系の危険なお菓子だなあと、
そう思いながら食べてたらホントに取れた!
ひゃあ〜!3連休明けに歯科に行かねば。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年10月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年10月16日〜31日)
「新美南吉童話集」「孤独な娘(ナサニエル・ウエスト)」
「ぐうたら上等(中野翠)」「家族無計画(紫原明子)」
「私はガス室の「特殊任務」をしていた(シュロモ・ヴェネツィア)」
「書斎の死体(田村隆一)」「ミート・ザ・ビート(羽田圭介)」
「読書で離婚を考えた。(円城塔+田辺青蛙)」
「今日、ホームレスに戻ることにした(風樹茂)」
「居酒屋に半カレー(菅野彰)」

久しぶりに半月で10冊読めた。
あと2ヶ月これ以上のペースをキープして年間200冊は読んでおきたい。
nice!(0)  コメント(0) 

今年38日目の休肝日 [雑記・その他]

雨で出かけるのが億劫だったせいもあるが昨日は先週に続いて休肝日。
今年38日目。昨年は3日しか取れなかったことを思うと上出来か。
nice!(0)  コメント(0) 

受取人不明他3本 [映画]

「受取人不明」
今年の325本目。2001年、キム・ギドク監督作品。
いまいちかな。あるシーンで「犬神家の一族」を思い出す。

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」
今年の326本目。2013年、ジョン・タトゥーロ監督作品。
ウディ・アレンが自身の監督作以外に超久しぶりに出演。

「死刑執行人もまた死す」
今年の327本目。1943年、フリッツ・ラング監督作品。
ラング監督がアメリカで製作した対独レジスタンス映画の傑作。

「ゆれる」
今年の328本目。2006年、西川美和監督作品。
最近の(といっても10年以上前だが)邦画ではかなり良かった。
nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | -
メッセージを送る