So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

出没記録 [雑記・その他]

2月8日(木)…「辛幻」「エクセルシオールカフェ」「笑福」
2月9日(金)…「ディラン」
2月10日(土)…「泰明庵」「舟甚」
2月11日(日)…「ダルバート」「ちょいと一杯」
2月12日(月)…「京香房」
2月13日(火)…「MANNISH」「れいめい」
2月14日(水)…「大元」「いづろ」
2月15日(木)…「三宝亭」
2月16日(金)…「美竹」「ベローチェ」
2月17日(土)…「モスバーガー」「龍王」「大八」

新橋「辛幻」の山椒うま辛味噌ラーメン、中目黒「三宝亭」の酸辣湯麺、
板橋「龍王」のキムチ炒飯、どれも刺激的でおいしかった。
nice!(1)  コメント(0) 

テス他3本 [映画]

「テス」
今年の33本目。1979年、ロマン・ポランスキー監督作品。
アカデミー賞撮影賞受賞。なるほど文芸作品らしい格調高い美しい映像。

「サイボーグでも大丈夫」
今年の34本目。2007年、パク・チャヌク監督作品。
面白いところがないわけではないが全体的にはいまいち。

「リビング・デイライツ」
今年の35本目。1987年、ジョン・グレン監督作品。
007シリーズ第15弾。4代目ボンド、ティモシー・ダルトンが登場。

「底抜けもててもてて」
今年の36本目。1961年、ジェリー・ルイス監督作品。
底抜けシリーズはDVDを見つけるたびに買うようにしている。
nice!(0)  コメント(0) 

今年35日目の休肝日 [雑記・その他]

今日はおとなしく帰宅して今年35日目の休肝日に。
アルコール解禁後もかろうじて週2日は休肝日が取れている。
これでもしばらく前の私からすれば相当にすごいことだ。
病気を機会に健康になるのだ!!
nice!(1)  コメント(0) 

2018年2月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年2月1日〜14日)
「太田和彦の居酒屋歳時記(上)(太田和彦)」
「身の上話(佐藤正午)」「結婚(末井昭)」
「誘蛾灯 鳥取連続不審死事件(青木理)」
「文学を探せ(坪内祐三)」「二十四の瞳(壺井栄)」
「関西人の正体(井上章一)」「モンスターマザー(福田ますみ)」
「抱きしめられたい。(糸井重里)」「稲穂の海(熊谷達也)」
「因果鉄道の旅(根本敬)」

かろうじて半月10冊以上のペースをキープ。
以前からなぜか気になっていた熊谷達也を初めて読む。よかった。
読書量はまずまず多い方だと思うがまだ未読の作家が山ほどいる。
頑張っていろんな人のいろんな本を読もう!
nice!(0)  コメント(0) 

体力と気力 [雑記・その他]

緊急入院から1ヶ月が過ぎて体力はもうだいぶ回復してきたが、
よし仕事をするぞ、という気力がいまいち回復してこない。

まあ、そんな気力は元々なかったという説も有力なのだが……。
nice!(0)  コメント(0) 

人生万歳!他3本 [映画]

「人生万歳!」
今年の29本目。2009年、ウディ・アレン監督作品。
主人公の偏屈ジジイに共感できるのは私もそうなりつつあるからかも。

「ミッドナイトクロス」
今年の30本目。1981年、ブライアン・デ・パルマ監督作品。
ラストがなんというか、切ないといっていいのか、いやいやなかなか。

「秋刀魚の味」
今年の31本目。1962年、小津安二郎監督作品。
しみじみとする小津監督の遺作。相変わらず酒を飲むシーンがいい。

「クンドゥン」
今年の32本目。1997年、マーティン・スコセッシ監督作品。
ダライ・ラマ14世を描いた作品。予想以上に興味深く楽しめた。
nice!(0)  コメント(0) 

大塚でランチ [雑記・その他]

昨日は土曜出勤だったので残念ながら3連休ではないのだが、
せっかくの日曜ランチは遠出というほどではないが大塚。
たぶん相当久しぶり。また最近お気に入りのダルバートを。
nice!(0)  コメント(0) 

ジョニーは戦場へ行った他3本 [映画]

「ジョニーは戦場へ行った」
今年の25本目。1971年、ドルトン・トランボ監督作品。
30数年ぶりに観る。やはりずっしりと心に響く名作。

「ブルース・ブラザース」
今年の26本目。1980年、ジョン・ランディス監督作品。
これも久しぶりに観たがやはり傑作だ。ジョン・ベルーシ!!

「アデルの恋の物語」
今年の27本目。1975年、フランソワ・トリュフォー監督作品。
年を重ねても印象が変わらないイザベル・アジャーニは当時まだ19歳。

「暗殺」
今年の28本目。1964年、篠田正浩監督作品。
舞台は幕末。主人公は清河八郎。演じるのは丹波哲郎。
nice!(1)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

1月29日(月)…「最上川」「エクセルシオールカフェ」
1月30日(火)…「七麺鳥」「待合室2」
1月31日(水)…「萬福」「ベローチェ」
2月1日(木)…「モスバーガー」「あゆた」
2月2日(金)…「珈琲館」「銀座シシリア」「鳥信」
2月3日(土)…「飢えた目」
2月4日(日)…「フレッシュネスバーガー」/「HAO!」(浦安)
2月5日(月)…「花子」「入船」
2月6日(火)…「オールドタイランド」「カフェ・ド・クリエ」「あい澤」
2月7日(水)…「ドトールコーヒー」「ラーンチャン」「ささ谷口屋」

あ、いかん。またしっかりと飲むようになってしまった。
病気を機会に週2、3日は休肝日にしようと思っていたのに。
nice!(0)  コメント(0) 

体重 [雑記・その他]

76〜77キロあたりで推移していた体重が入院により73キロに。
喜んでいたらあっという間に75キロまで戻ってしまった。
nice!(0)  コメント(0) 

朝食 [雑記・その他]

もうずっと何十年も朝食を摂る習慣はなかったのだが、
入院をしてから毎日早起きをして朝食を食べるようになった。
やはり病気をして逆に健康になったかもしれない。

ちなみに昨夜は退院後2回目の飲酒。
以前より酔いが回るのが少し早いみたい。
nice!(0)  コメント(0) 

永遠の僕たち他3本 [映画]

「永遠の僕たち」
今年の21本目。2011年、ガス・ヴァン・サント監督作品。
外国作品に登場する日本人キャラに感じる違和感がやはり少し。

「ふしだらな女」
今年の22本目。1928年、アルフレッド・ヒッチコック監督作品。
監督5作目。サイレント。ヒッチコック作品としてはいまいちかも。

「わが恋せし乙女」
今年の23本目。1946年、木下惠介監督作品。
どうってことない話といえばそうなのだがとてもよかった。

「美しき獲物たち」
今年の24本目。1985年、ジョン・グレン監督作品。
007シリーズ第14弾。三代目ボンド、ロジャー・ムーア最後の作品。
nice!(0)  コメント(0) 

小岩でランチ [雑記・その他]

体調がだいぶ戻ってきたので休日の遠出ランチも復活。
昨日はめっちゃ久しぶりに小岩に行ってきた。

最近のお気に入りはネパール料理のダルバート。
いろいろ混ぜると複雑な味になっておいしい。
nice!(0)  コメント(0) 

酒リハビリ [雑記・その他]

週末だったので昨夜ついにアルコール解禁いたしました。
軽くビール2本と日本酒一合だが思ったほどの感動はなかった。

以前のように毎日毎日飲むほどでもないなとさえ思ってしまった。
むむっ!!病気によってむしろ健康になってしまったかも。
nice!(0)  コメント(0) 

今年30日目の休肝日 [雑記・その他]

今年になってまだ32日なのに早くも30日目の休肝日。
いくら病気をしたからとはいえ驚異的なペースだ。

体調的にはもうアルコールを解禁しても大丈夫そうだが、
これだけ長く酒を断つのはこの先もう一生ないだろうと思うと、
せっかくだからもう少し頑張ってみようかなと思ったりもする。
nice!(0)  コメント(0) 

ミリオンダラー・ホテル他3本 [映画]

「ミリオンダラー・ホテル」
今年の17本目。2000年、ヴィム・ヴェンダース監督作品。
登場人物はみな悪くないのだがストーリー自体はいまいちかも。

「ハプニング」
今年の18本目。2008年、M.ナイト・シャマラン監督作品。
うーむ、こういう話はよほど出来が良くないと入り込めない。

「うつせみ」
今年の19本目。2004年、キム・ギドク監督作品。
主役二人にほとんどセリフのないまま進む。ヘンな話だが面白い。

「マルホランド・ドライブ」
今年の20本目。2001年、デイヴィッド・リンチ監督作品。
またもやよくわからないのに引き込まれてしまうリンチ作品。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年1月の読書 [本を読んだ]

(2018年1月1日〜31日)
「アンダーリポート/ブルー(佐藤正午)」「シネコン111(吉野朔実)」
「誰も書けなかった「笑芸論」(高田文夫)」「餓鬼道巡行(町田康)」
「サブカルで食う(大槻ケンヂ)」「明日は、何処の空の下(上橋菜穂子)」
「志らくの言いたい放題(立川志らく)」「惑いの森(中村文則)」
「裏が、幸せ。(酒井順子)」「女優で観るか、監督を追うか(小林信彦)」
「運命と復讐(ローレン・グリフ)」「さらば東京タワー(東海林さだお)」
「残り全部バケーション(伊坂幸太郎)」「東京くねくね(松尾貴史)」
「いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件(大崎善生)」「京都の平熱(鷲田清一)」
「円の冒険(草森紳一)」「ギッちょん(山下澄人)」「旅の食卓(池内紀)」
「ポトスライムの舟(津村記久子)」

スタートダッシュとまではいかなかったが、
入院中も後半は軽いエッセイや短編集などを読んでいたので、
まあなんとか最低限の冊数は読めたかなという感じ。
nice!(0)  コメント(0) 

仕事 [雑記・その他]

早いもので明日で1月も終わりだ。
今日明日と働いても今月の出勤日はわずかに6日だけ。
少ないけどこれくらいがちょうどいいような気もしてきた。
ずっとこんなペースで働けたらいいのに(いや、無理か……)。
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

1月19日(金)…(外食せず!)
1月20日(土)…(外食せず!)
1月21日(日)…「珈琲館」
1月22日(月)…(外食せず!)
1月23日(火)…「珈琲館」
1月24日(水)…「モスバーガー」
1月25日(木)…「大関庵」「ベローチェ」
1月26日(金)…「バンゲラズキッチン」
1月27日(土)…「たんや」「ドトールコーヒー」
1月28日(日)…「モスバーガー」

少しずつ外食も始めて食生活も元に戻して行く。
今週から会社も本格的に復帰する予定。
あとはアルコール解禁のXデーをいつにするか。
nice!(0)  コメント(0) 

それでも夜は明ける他3本 [映画]

「それでも夜は明ける」
今年の13本目。2013年、スティーヴ・マックィーン監督作品。
全然知らない作品だったがアカデミー作品賞を受賞しているのだね。

「妻への家路」
今年の14本目。2014年、チャン・イーモウ監督作品。
ラストは少し悲しい。イーモウ監督作品の中では好きなほう。

「殺しのドレス」
今年の15本目。1980年、ブライアン・デ・パルマ監督作品。
ヒッチコック「サイコ」にインスパイアされたデ・パルマの傑作。

「一枚のハガキ」
今年の16本目。2011年、新藤兼人監督作品。
なんと100歳まで生きた新藤兼人監督の最後の作品。
nice!(1)  コメント(0) 
前の20件 | -
メッセージを送る