So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

 [雑記・その他]

今週は少し忙しいが楽しかった。
週末の晩御飯はサンマ塩焼きと焼きなす。
食欲の秋ですなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

お通し代 [雑記・その他]

某店で私が飲み始めるのと入れ替わりに勘定を済ませたお客さん、
私に出されたお通しをちらりと見てからの以下のやりとり。

客「あれっ、今日、俺、お通し出してもらってないわ」
店員「えっ、失礼しました。お通し代300円バックしていただいていいですか」
客「(思わずお釣りから300円を出しかけて)ん、ん? さらに俺が払うの!?」
店員「あ、ああっ、す、す、すいません、こちらからバックですよね」

まあわざとではないのでしょうけど。
酔っ払った私ならすんなり払ってしまってるかも……。
nice!(0)  コメント(0) 

エンド・オブ・バイオレンス他3本 [映画]

「エンド・オブ・バイオレンス」
今年の289本目。1997年、ヴィム・ヴェンダース監督作品。
じんわりと怖い。ヴェンダース作品ももう少し観てみよう。

楢山節考
今年の290本目。1958年、木下恵介監督作品。
オールセット撮影による実験的な作風がなかなかよい。

「アタメ」
今年の291本目。1990年、ペドロ・アルモドバル監督作品。
後の同監督作よりシンプルストーリーだが悪くない。

「審判」
今年の292本目。1963年、オーソン・ウェルズ監督作品。
カフカの原作が不条理だからわかりやすくないが独自の映像で引き込む。
nice!(0)  コメント(0) 

7日連続 [雑記・その他]

10日連続、5日連続に続き今年3回目の連続タイ料理ランチ。

1.中目黒「イム・アロイ」のガパオ
2.目白「プァンタイ」のカオマンガイ
3.新御徒町「いなかむら」のグリーンカレー
4.田町Taka's Kitchen」のトムヤムラーメン
5.汐留「ASIAN TAWAN 168」のパッタイ
6.新大久保「ソムオー」のカオソーイ
7.綾瀬「タイレストラン」のガパオ&グリーンカレーセット

やっぱりタイ料理うまいわ(一軒だけややハズレだったが……)。
都内屈指の人気店だけあり「いなかむら」はグリーンカレーも格別。
シンプルだが味が濃く深い。しかし重くはなく爽快なキレ味。
nice!(0)  コメント(0) 

新大久保でランチ [雑記・その他]

昨日は出勤だったので3連休ではないしあいにくの雨だが少し遠出。
一体何年ぶりかわからないくらい久しぶりに新大久保へ。
昼だからそんなに濃くはないがやはりアジアンな活気のある町。
nice!(1)  コメント(0) 

ゼイリブ他3本 [映画]

ゼイリブ
今年の285本目。1988年、ジョン・カーペンター監督作品。
カーペンター作品の中でもとりわけB級感が強くていいぞ。

「生れてはみたけれど」
今年の286本目。1932年、小津安二郎監督作品。
サイレント。昔も今もサラリーマンはつらいなあという話。

「アダプテーション」
今年の287本目。2002年、スパイクジョーンズ監督作品。
途中まですごく良かったのだけど最後はなんだかなあ。

「唇からナイフ」
今年の288本目。1966年、ジョセフ・ロージー監督作品。
時代のテイストを感じさせる映像は面白いが話自体はいまいち。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年9月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年9月1日〜15日)
子どもの王様(殊能将之)」「その日の結論(赤瀬川原平)」
「都市伝説と犯罪(朝倉喬司)」「飲めば都(北村薫)」
「階段を下りる女(ベルンハルト・シュリンク)」
「不寛容な時代のポピュリズム(森達也)」

まだ今日一日あるが読みかけの本が厚く読了出来そうにないのでここまで。
また半月一桁に戻ってしまった。いかんなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

9月3日(日)…「サッカール」「ドトールコーヒー」「たこ井」
9月4日(月)…「ベローチェ」「戸隠製粉」「待合室2」「鳥信」
9月5日(火)…「千鶴屋」「おとりさま」
9月6日(水)…「かつヰチ」「ベローチェ」「入船」
9月7日(木)…「幸楽」「エクセルシオールカフェ」「センマイル。」
9月8日(金)…「タリーズコーヒー」「櫻花亭」「よし」
9月9日(土)…「田原」「シナトラ
9月10日(日)…「麺屋鳳」「堂堂鶏」
9月11日(月)…「HITOSAJI」「庄助」
9月12日(火)…「イム・アロイ」「ふくべ寿し」
9月13日(水)…「プァンタイ」「クロモジヤ」

昨日からまた連続タイ料理ランチを企てているところ。
nice!(0)  コメント(0) 

香住産 [雑記・その他]

清澄白河と森下の間にある某寿司屋にめっちゃ久しぶりに行く。
ごく大衆的な店だがネタの上にどこどこ産と産地が書かれているのがいい。

釧路産、函館産、青森産、岩手産、大阪産、対馬産など有名どころの中、
ズワイガニの上にはなんと「香住産」と書いてあるではないか。

東京の人でこれがどこかすぐにわかる人はどれくらいいるのだろう。
兵庫県の日本海側にあるとても小さな町、私の生まれ故郷である。

なんだかちょっとうれしくなって一杯だけ余計に飲んだよ。
nice!(0)  コメント(0) 

プロデューサーズ他3本 [映画]

「プロデューサーズ」
今年の281本目。1968年、メル・ブルックス監督作品。
キレキレな登場人物ばかりが次々に出て来ておかしい。

「華氏451」
今年の282本目。1966年、フランソワ・トリュフォー監督作品。
書物が禁じられた世界。本や読書好きな人の心にはきっと響くぞ。

美術館の隣の動物園」
今年の283本目。1998年、イ・ジョンヒャン監督作品。
主演の男女がそれほど美男でも美女でもないのがいい感じ。

サンダーボール作戦」
今年の284本目。1965年、テレンス・ヤング監督作品。
007第4弾。シリーズが進むほどだんだん派手になってきたぞ。
nice!(0)  コメント(0) 

目黒で飲む [雑記・その他]

めっちゃ久しぶりというか目黒ってあんまり行かないなあ。
山手線内だしマイナーな駅でもないし店もたくさんあるのに。
そもそもなぜ今日目黒で飲もうと思ったのかさえもう忘れている。
既に酔っ払った今となってはすべてが謎である。

でも琵琶湖産の子鮎の南蛮漬けがおいしかったから良しとしよう。
トウモロコシと枝豆のかき揚げもおいしかったからこれでいいのだ。
nice!(0)  コメント(0) 

松茸の土瓶蒸し [雑記・その他]

天気が悪いせいか気温も低めですっかり秋の気配。
先週の新サンマ塩焼きに続き今週は今シーズン初の土瓶蒸し。

松茸は焼いたり天ぷらや松茸ご飯で松茸そのものを食べるより、
香り高い土瓶蒸しの出汁を飲むのが一番うまいと思うようになった。
nice!(0)  コメント(0) 

ナッシュビル他3本 [映画]

ナッシュビル」
今年の277本目。1976年、ロバート・アルトマン監督作品。
アルトマン得意の群像劇。うまくアメリカを描き出していて見事。

「二十四の瞳」
今年の278本目。1954年、木下惠介監督作品。
やはり名作。1954年、七人の侍を押えてキネマ旬報ベストテン1位。

「クロッカーズ」
今年の279本目。1995年、スパイク・リー監督作品。
マーティンスコセッシ製作。麻薬問題を描いた問題作。

「暗黒街の弾痕」
今年の280本目。1937年、フリッツ・ラング監督作品。
ラング監督のハリウッドでの作品。主演のヘンリー・フォンダが若い。
nice!(0)  コメント(0) 

とんかつに気をつけろ!! [雑記・その他]

揚げたての熱々のとんかつ、分厚くて衣が固めでサクサクしたやつ、
それに慌ててかぶりつくと口の中、顎の裏側のあたりを、
火傷というか擦りむいたというかヒリヒリ状態になることがある。

過去の経験から十分に気をつけていたのに二週連続でやってしまった。
先週のヒリヒリが完治しないのにまたとんかつがいけなかったのか。

反省。ヒリヒリが気になって仕方がない。
とんかつに気をつけろ!あとピザトーストも!!
nice!(0)  コメント(2) 

本を読む [本の話題]

このところ読書量が減っているので今日は頑張って本を読む。
出勤前にコーヒーショップに寄ってコーヒーを飲みながら本を読む。
ランチ後も喫茶店に入ってコーヒーを飲みながら本を読む。
夕方、会社でも空いた時間を見つけては本を読む。
あっ、いかん、仕事をしているヒマがない!!
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

8月24日(木)…「さんしょの木」「ベローチェ」「直寿司
8月25日(金)…「おおむら」「みすず」
8月26日(土)…「故郷レストラン」「ドトールコーヒー」「真っ先」
8月27日(日)…「こがね製麺所」
8月28日(月)…「ニタベ食堂」「待合室2」「笑福」
8月29日(火)…「勝本」「八戒」「もも」
8月30日(水)…「ニュープラシッダ」「鶴来」
8月31日(木)…「まさむね」「あい澤」
9月1日(金)…「花家」「栄寿司(門仲)」
9月2日(土)…「福来軒」「なごみ」「縁」

夜はおとなしめだがランチは8ヶ月ダブりなく攻め続ける。
吉祥寺「おおむら」のもやしそばは懐かしい昔のラーメンの味。
神保町「勝本」のつけ麺は2種類の麺。中太麺の滑らかさがすごい。
溜池山王「まさむね」のロースカツはなるほど行列店なのも納得。
日暮里「花家」の餃子も昔ながらの味で絶品。ビールが欲しいよ。
まだまだおいしいものはあるのだろうなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

Dr.パルナサスの鏡他3本 [映画]

「Dr.パルナサスの鏡」
今年の273本目。2009年、テリー・ギリアム監督作品。
急逝した主演のヒース・レジャーの役を3人の俳優が引き継いだ作品。

ブリッジ
今年の274本目。2006年エリックスティール監督作品。
ゴールデンゲート・ブリッジからの飛降り自殺者を追ったドキュメンタリー

「悪漢探偵
今年の275本目。1982年、エリック・ツァン監督作品。
昔リアルタイムで映画館で観た。さすがに今観ると古いなあ。

「浜辺の女」
今年の276本目。1946年、ジャン・ルノワール監督。
ルノワール監督ハリウッド時代最後の作品。なかなか面白かった。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年8月16日〜31日)
「さらさらさん(大野更紗)」「椋鳥通信(下)(森鴎外)」
「開国マーチ(藤井誠二)」「時は過ぎゆく(田山花袋)」
「ぽてんしゃる。(糸井重里)」「共犯者(松本清張)」
「だいにっほん、ろんちくおげれつ記(笙野頼子)」
「鱧の皮他五篇(上司小剣)」「絶望裁判(中尾幸司)」
「劇的な人生こそ真実 私が逢った昭和の異才たち(萩原朔美)」

久しぶりに半月で二桁読めたがまだまだだなあ。
鴎外の「椋鳥通信」上中下と読了。なんなんでしょう、これ。
田山花袋とか上司小剣とか大正時代あたりの小説も面白い。
nice!(0)  コメント(0) 

新サンマの塩焼き [雑記・その他]

まだまだ暑くて夏な感じだがそろそろ新サンマが出始めた。
刺身は既に食べていたが今日は今シーズン初の塩焼きを食べる
大きさもほどほど、焼き加減もよく、身もふんわりしておいしかった。

その季節しか味わえない一品というのはいいですね。
私の場合は新子やセコガニやハモに下仁田ネギあたりだろうか。
下仁田ネギは東京に来てから知ったのだが甘くてめちゃうまですね。
nice!(0)  コメント(0) 

ウイークエンド他3本 [映画]

「ウイークエンド」
今年の269本目。1967年、ジャン=リュック・ゴダール監督作品。
最初はなんだこりゃと思ったがだんだん面白くなってきた。

「マイ・プライベート・アイダホ」
今年の270本目。1991年、ガス・ヴァン・サント監督作品。
独特の雰囲気。リヴァー・フェニックスの存在感が大きいか。

「卍」
今年の271本目。1964年、増村保造監督作品。
谷崎潤一郎の原作を新藤兼人が脚本化。なかなか妖しい。

「賭博師ボブ」
今年の272本目。1955年、ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品。
昔はフランス映画に苦手意識があったが面白い作品がたくさんあるのだな。
nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | -
メッセージを送る