So-net無料ブログ作成

北京のエッグ [酒の肴]

お気に入りの酒の肴(その1)
新梅田食道街「北京」のエッグ

老舗の立ち飲み「北京」の名物のひとつエッグ。
耐熱の小鉢に卵を2つ入れてコンロの上であぶっただけのシンプルさ。
出てくる時はまだ生の部分が多いが小鉢の余熱で固めるのだ。
塩をパラリと振って程よい加減にする。醤油をたらす人もいるとか。
かきまぜて半熟くらいでホクホク食べたり少し固めにしてみたり。
まぜ方も黄身と白身をよくまぜて食べてもいい。
またさっくりと黄身と白身が完全に一緒にならぬよう混ぜてもうまい。
白身が鉢に焦げてくっついた部分も香ばしくて楽しい。

単なる卵なのにこんなに楽しめる。シンプルだが深い。
難波「カナマターク」にもグラ玉という同様な品があったはず。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る