So-net無料ブログ作成

ストレンジャー他3本 [映画]

「ストレンジャー」
今年の201本目。1946年、オーソン・ウェルズ監督作品。
主演もオーソン・ウェルズ。なんともよい面構え。

「パレルモ・シューティング」
今年の202本目。2008年、ヴィム・ヴェンダース監督作品。
実はなんとヴェンダース初めて。来年は少し観てみようかな。

「農夫の妻」
今年の203本目。1928年、アルフレッド・ヒッチコック監督作品。
サイレント時代のサスペンスではないヒッチコック映画。

「僕のニューヨークライフ」
今年の204本目。2003年、ウディ・アレン監督作品。
締めは今年39本目のウディ・アレン作品で。

今年もあと4時間を切ったところで映画の方も打ち止めにする。
204本。GW頃から熱心に観始めたにしてはまずまずの本数ではないか。
来年は本格的に映画少年(いや、中高年)復活となりそうな予感。

2016年12月の読書(2) [本を読んだ]

(2016年12月16日〜31日)
「もうひとつの朝/佐藤泰志初期作品集」「人間臨終考(森達也)」
「空にみずうみ(佐伯一麦)」「半生の記(松本清張)」
「四つの小さなパン切れ(マグダ・オランデール=ラフォン)」
「モンスター 尼崎連続殺人事件の真実(一橋文哉)」
「タイム・マシン他九篇(H.G.ウエルズ)」「地獄の花(永井荷風)」
「この素晴らしき世界!?(中野翠)」「ミイラになるまで(島田雅彦)」

今年もあと6時間を切ったところで読書は打ち止め。
GWから映画も結構観るようになったため昨年より大幅に少ない244冊。
それにしてもどんなに読んでも読んでも読みたい本は無くならないなあ。
来年はもっとたくさん読めるようにもっともっと頑張ろう。

一人鍋 [雑記・その他]

昨夜はヒレ酒を飲みながらてっさにてっちり&最後は雑炊。
冷え込んできた冬の夜の一人鍋は楽しいものです。
鍋は二人前からなんて店も多いのは残念ですが……。

ザ・フォッグ他2本 [映画]

「ザ・フォッグ」
今年の198本目。1980年、ジョン・カーペンター監督作品。
昔の一時期、カーペンター作品が好きだった記憶が…。

「突撃」
今年の199本目。1957年、スタンリー・キューブリック監督作品。
キューブリック初期の傑作。主演のカーク・ダグラスがいい。

「森繁の新婚旅行」
今年の200本目。1956年、渡辺邦男監督作品。
記念すべき200本目にしてはちょっと軽い映画だったか。

冬休み(2) [雑記・その他]

予定通り今日から冬休みに入りました。
これで今年の休日は152日で確定。なんとか目標の150日はクリア。
あと3日間で読書や映画をどれだけ増やすことが出来るか。
休肝日は今年も現時点で3日だけとあまり取れなかった……。

冬休み [雑記・その他]

明日1日働けば会社の休みより一日早く冬休みに突入。
1月9日まで休む予定なので今年は13連休だ。
昨年の20連休に比べると一週間も短い。
まあ昨年張り切って休み過ぎたのだが……。

来年も頑張ってバリバリ休もう!
クビにならない程度に。

東京博徒他2本 [映画]

「東京博徒」
今年の195本目。1967年、安田公義監督作品。
田宮二郎VS天知茂。いいねえ。芦屋雁之助も出てます。

「汚れなき悪戯」
今年の196本目。1955年、ラディスラオ・バホダ監督作品。
たまたまだがまさにクリスマスイブにふさわしい映画でした。

「街のあかり」
今年の197本目。2006年、アキ・カウリスマキ監督作品。
この監督のセリフの少ない独特のトーンにだいぶ嵌ってきたかも。

出没記録 [雑記・その他]

12月13日(火)…「金と黒」「ドトールコーヒー」「信濃路(葛西)」
12月14日(水)…「にちよう」「珈琲館」「クロモジヤ」
12月15日(木)…「香味亭尾和」「カフェ・ド・クリエ」
12月16日(金)…「香川一福」「ベローチェ」「鳥信」
12月17日(土)…「悟空」「銀座ライオン」「ますらお」
12月18日(日)…「金の豚」「たこ井」
12月19日(月)…「MAO-RAO」「ツバキcafe」「緒川」
12月20日(火)…「サンマルクカフェ」「誠華」「石」
12月21日(水)…「しゅう」「ベローチェ」「釣り人」
12月22日(木)…「喜久水」(小諸)
12月23日(金)…「三好弥(池尻大橋)」/「泰平鮨」(浦安)
12月24日(土)…「とん喜(築地)」「舟甚」

神田「香川一福」は人気店だが納得のおいしいうどんでした。
銀座「悟空」はデカ盛りで有名。炒飯普通盛りでも500グラムで満腹。
大衆中華は大崎「誠華」。圧倒的一番人気の味噌ラーメンはなるほど美味。

北陸新幹線 [雑記・その他]

今日は日帰りだが久々の出張で初めて北陸新幹線に乗った。
とはいっても北陸に行ったわけではなく軽井沢で下車したのだが……。
慌ただしくて飲んでる暇はないと思ってたが30分ほどだけ小諸で一軒。

久しぶりに本格的な地方飲みに出かけたくなってしまった。

処女の泉他1本 [映画]

「処女の泉」
今年の193本目。1960年、イングマール・ベルイマン監督作品。
さすがに巨匠ベルイマンの代表作。モノクロの映像も美しい。

「荒野のストレンジャー」
今年の194本目。1973年、クリント・イーストウッド監督作品。
イーストウッド主演の異色ウエスタン。監督としては第2作目。

今年のGW頃から十数年ぶりに復活した映画熱。
なんとか年内に200本は観れそうだ。
メッセージを送る