So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年4月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年4月16日〜30日)
「ここが私の東京(岡崎武志)」
「ビリー・リンの永遠の一日(ベン・ファウンテン)」
「ゼロから始める都市型狩猟採集生活(坂口恭平)」
「増補版ドキュメント死刑囚(篠田博之)」
「ブイヨンの気持ち。(糸井重里)」
「東京私生活(冨田均)」
「詩人であること(長田弘)」
「母の螢 寺山修司のいる風景(寺山はつ)」

やはり半月で10冊読めず。最近ちょっと映画を見過ぎか。
GWは頑張ろう……といっても明日明後日は仕事なのだが。

絶対の愛他3本 [映画]

「絶対の愛」
今年の141本目。2006年、キム・ギドク監督作品。
整形大国韓国ならではのストーリー

波止場
今年の142本目。1954年、エリア・カザン監督作品。
マーロン・ブランドの代表作。昔観たと思うのだが……。

東京の合唱」
今年の143本目。1931年、小津安二郎監督作品。
この時代にすでに親のことをパパ、ママと呼んでいたのか。

「コックと泥棒、その妻と愛人」
今年の144本目。1990年、ピーターグリーナウェイ監督作品。
久しぶりにグリーナウェイを観る。やっぱり濃厚だわ。

椋鳥通信 [本の話題]

今読んでいるエッセイに森鴎外「椋鳥通信」のことが出ていて、
読んでるうちに無性に読みたくなってきてしまったので、
とりあえず上巻だけだけど買ってきてしまった。

岩波文庫の分厚い(上)(中)(下)の3巻本である。
未読本がずいぶんたまっているのでGWは無理かもしれないが、
少しずつどこからでも気軽に読める本なので、
年内読了を目指してゆったりペースで読んでみたいと思う。

出没記録 [雑記・その他]

4月17日(月)…「麺屋虎杖」「小路小路」
4月18日(火)…「カオマンガイバザール」「まるだい」
4月19日(水)…「新竹」「KITCHEN TACHIKICHI」
4月20日(木)…「とらの子」「正泰苑」
4月21日(金)…「人間ばんざい」/「兵助」(西船橋
4月22日(土)…「中華家族」「磯ぎんちゃく。」
4月23日(日)…「サバイチャイ」「たこ井」
4月24日(月)…「丸福珈琲店」「SAKE HALL HIBIYA BAR」
4月25日(火)…「丹波屋」「カフェ・ド・クリエ」「鳥治」
4月26日(水)…「シルクロード」「阿季」「富久晴」「函太郎」
4月27日(木)…「絵李花」「入船」

引き続きタイ料理店を2軒新規開拓する。
西船橋「兵助」は昭和の雰囲気濃厚な渋酒場でなかなかよい。
この10日程は夜のお店も最近にしては開拓した方かも。

遊星からの物体X他3本 [映画]

「遊星からの物体X」
今年の137本目。1982年、ジョン・カーペンター監督作品。
公開時に映画館で観てひゃあ〜って思った記憶がある。ひゃあ〜。

「青空娘」
今年の138本目。1957年、増村保造監督作品。
日本映画は1950年代が一番面白いかもしれない。

「独裁者」
今年の139本目。1940年、チャールズチャップリン監督作品。
あからさま過ぎて好きではないが1940年にこれを撮ったのはすごい。

「さらば友よ」
今年の140本目。1968年、ジャン・エルマン監督作品。
アラン・ドロン&チャールズ・ブロンソン。渋い。懐かしい。

振替休 [雑記・その他]

メーデーに出社しなければならなくなったので明日はその振替休。
これで今月はなんとか13日間の休みを取れることになった。
毎月12日の休みだと(12×12=144日)少し物足りないのだが、
13日ずつ休めたら年間休日(13×12)156日と悪くないなあ。
頑張って来月以降も休もう!!

銀座蔦屋書店 [本の話題]

GINZA SIXの蔦屋書店へ。
噂通りにアート系の書籍がとても充実している。
そして見ていて楽しい棚作りにも成功している感じだ。
会社の近くにいいサボり場所が出来た!!

山菜の天ぷら [酒の肴]

そろそろ春が来るぞという季節に気になる一品が山菜の天ぷら
飲みに行ってメニューにあるとついつい注文してしまう。
今日も近所の居酒屋で盛合せがあったので食べてきた。
蕗の薹、タラの芽、コゴミ、うど、ワラビ、筍の6種でした。

バットマンビギンズ他3本 [映画]

「バットマンビギンズ」
今年の133本目。2005年、クリストファー・ノーラン監督作品。
主人公を支えるマイケル・ケインとモーガン・フリーマンがいい。

「按摩と女」
今年の134本目。1938年、清水宏監督作品。
リメイクもされた清水監督の代表作の一つ。楽しめます。

「サイコ」
今年の135本目。1998年、ガス・ヴァン・サント監督作品。
ヒッチコックの名作を真正面からリメイク。よく出来てはいる。

「ミラグロ」
今年の136本目。1988年、ロバート・レッドフォード監督作品。
なんとなく気になって観てみたらとてもいい映画だった。

ショア [映画]

中古でクロード・ランズマン「ショア」のDVDを買ってしまった。
少し高いので近くのお店で飲んでから酔った勢いで購入(2万円!)。

以前ある映画館で一夜のみ上映された時は体力に自信がなく断念。
何しろ9時間超の大作。上映が終わると朝になってしまうのだ。
(でもなんと前売りだけで満員になっていたらしい)

ずっと見たいと思ってた作品。GWにじっくりと鑑賞しようと思う。
メッセージを送る