So-net無料ブログ作成
検索選択
本を読んだ ブログトップ
前の10件 | -

2017年8月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年8月1日〜15日)
「踊る地平線(下)(谷譲次)」
「だいにっほん、おんたこめいわく史(笙野頼子)」
「「絵のある」岩波文庫への招待(坂崎重盛)」
「黄犬ダイアリードナルド・キーン/キーン誠己)」
「神々の棲む知床と共に生きる佐野博)」
「頼子のために(法月綸太郎)」

ありゃりゃ、夏休みがあったというのにこの少なさ!!
ちょっと映画を観すぎてしまったか。
でも読書も楽しいけど映画も楽しいのだよ。

笙野頼子のだいにっほん3部作を読み返し始める。
最初に読んだ時は言葉の過激さと勢いに圧倒されて、
しっかりとストーリーを追えてなかったような気がするので。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年7月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年7月16日〜31日)
「踊る地平線(上)(谷譲次)」「椋鳥通信(中)(森鴎外)」
「イヤミス短篇集(真梨幸子)」「鳥肌が(穂村弘)」
「オーブランの少女(深緑野分)」「巷の奇人たち(藤本義一)」
「悪意の手記(中村文則)」「スキスキ帖(後藤繁雄)」
「羊どろぼう。(糸井重里)」「らぶれたあ(鮫肌文殊)」

久しぶりに半月で二桁。これからペース上げていきます。

2017年7月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年7月1日〜15日)
「巴銀之助の奮闘(藤山勇司)」「殊能将之未発表短篇集(殊能将之)」
「じろじろ日記(赤瀬川原平)」「二百回忌(笙野頼子)」
「大日本道楽紀行(松山猛)」

笙野頼子を読み直してみる。「二百回忌」も傑作だなあ。
続いてはだいにっほん3部作を読み直す予定。
それにしてもまた半月で5冊という低迷ぶり。
頑張っているつもりなのに頑張れていないのだなあ。

2017年6月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年6月16日〜30日)
「歌人の死(福島泰樹)」「椋鳥通信(上)(森鴎外)」
「五月の雪(クセニア・メルニク)」「脳梗塞日誌(日垣隆)」

うむむむ、このブログを書き始めてからの最低冊数かも…。
今年もはや折り返し地点。後半は頑張らねば。

今年の100冊目 [本を読んだ]

「五月の雪(クセニヤ・メルニク/新潮社)」

ようやく今年の100冊目を読了。かなり遅いペースだ。
ギリギリで年間200冊ペース。うーむ、後半もっと頑張ろう。

新潮社のクレストブックスもほとんど読んだなあ。
本棚を数えたら133冊あった。

2017年6月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年6月1日〜15日)
「ふる(西加奈子)」「人生の段階(ジュリアン・バーンズ)」
「蜘蛛の巣アンテナ(佐伯一麦)」「尻尾と心臓(伊井直行)」
「猫座の女の生活と意見(浅生ハルミン)」「太陽・惑星(上田岳弘)」
「エスカルゴ兄弟(津原泰水)」

うーむ、これくらいのペースが普通になってきた。もっと頑張らねば。
まあ働き者のサラリーマン(←私のことですよ〜!)の読書量としては、
決して少ない方ではないとは思うが……。

2017年5月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年5月16日〜31日)
「御不浄バトル(羽田圭介)」「或る「小倉日記」伝(松本清張)」
「自殺直前日記完全版(山田花子)」「ゲゲゲの女房(武良布枝)」
「谷崎潤一郎マゾヒズム小説集」「家族最後の日(植本一子)」
「みんな邪魔(真梨幸子)」「1982名前のない世代(佐藤喬)」
「お家賃ですけど(能町みね子)」

やっぱり半月で二桁読めず。5ヶ月で90冊しか読めていない。
年間216冊ペースか。もう少し頑張らねば!

2017年5月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年5月1日〜15日)
「ふたつの海のあいだで(カルミネ・アバーテ)」
「人生2割がちょうどいい(岡康道×小田嶋隆)」
「眼と太陽(磯崎憲一郎)」「ビ(大竹伸朗)」
「植民人喰い条約 ひょうすべの国(笙野頼子)」
「ナボコフ自伝(ウラジーミル・ナボコフ)」

この半月はGWがあったのに6冊と過去最低レベル。
ナボコフの文章はいいのだが読むのに時間がかかるし。
でも映画をちょっと観過ぎなのも影響してるか。

2017年4月の読書(2) [本を読んだ]

(2017年4月16日〜30日)
「ここが私の東京(岡崎武志)」
「ビリー・リンの永遠の一日(ベン・ファウンテン)」
「ゼロから始める都市型狩猟採集生活(坂口恭平)」
「増補版ドキュメント死刑囚(篠田博之)」
「ブイヨンの気持ち。(糸井重里)」
「東京私生活(冨田均)」
「詩人であること(長田弘)」
「母の螢 寺山修司のいる風景(寺山はつ)」

やはり半月で10冊読めず。最近ちょっと映画を見過ぎか。
GWは頑張ろう……といっても明日明後日は仕事なのだが。

2017年4月の読書(1) [本を読んだ]

(2017年4月1日〜15日)
「雨宮処凛の闘争ダイアリー(雨宮処凛)」「封印作品の憂鬱(安藤健二)」
「読めよ、さらば憂いなし(松田青子)」「風来鬼語/西村賢太対談集3」
「日影丈吉傑作館(日影丈吉)」「ワタクシ、直木賞のオタクです。(川口則弘)」
「人を、殺してみたかった(一橋文哉)」

日影丈吉は初めて読んだ。幅広いジャンルの作品を書いているのだなあ。
読んでも読んでもまだ未読の作家は星の数ほどいるのだ。はー。
頑張って読んでいるつもりなのだがこの半月も冊数的にはいまひとつ。
前の10件 | - 本を読んだ ブログトップ
メッセージを送る