So-net無料ブログ作成
本を読んだ ブログトップ
前の10件 | -

2018年6月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年6月1日〜15日)
「ほんとうの花を見せにきた(桜庭一樹)」「きりぎりす(太宰治)」
「圏外編集者(都築響一)」「いきどまり鉄道の旅(北尾トロ)」
「でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相(福田ますみ)」
「タダイマトビラ(村田沙耶香)」「猟銃・闘牛(井上靖)」

そこそこ頑張っているつもりだがまた半月で一桁に落ちてしまう。
太宰治は高校時代によく読んだが今読んでも悪くない。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年5月の読書(2) [本を読んだ]

(2018年5月16日〜31日)
「獏鸚(海野十三)」「夫・車谷長吉(高橋順子)」
「映画×東京とっておき雑学ノート(小林信彦)」
「この地獄を生きるのだ(小林エリコ)」
「短歌ください 君の抜け殻篇(穂村弘)」
「マザリング・サンデー(グレアム・スウィフト)」
「ふたり狂い(真梨幸子)」「ロボッチイヌ(獅子文六)」
「この世にたやすい仕事はない(津村記久子)」
「パリのすてきなおじさん(金井真紀)」

久々に半月で二桁。やはり最低これくらいは読んでおきたい。
津村記久子の働く人を描いた小説はどれも面白い。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年5月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年5月1日〜15日)
「ザ・万遊記(万城目学)」「部長と池袋(姫野カオルコ)」
「宅間守精神鑑定書(岡江晃)」「ぼくの昔の東京生活(赤瀬川原平)」
「元死刑執行官だけが知る監獄の叫び(藤田公彦)」
「炎上する君(西加奈子)」「ホームシック(ECD+植本一子)」

それなりに頑張って読んでいるつもりなのだが冊数的にはいまいち。
でもまあ今の自分にできるペースで読んでいくしかないか。
nice!(1)  コメント(0) 

2018年4月の読書(2) [本を読んだ]

(2018年4月16日〜30日)
「これからお祈りにいきます(津村記久子)」
「太田和彦の居酒屋歳時記(下)(太田和彦)」
「笑芸日記 一九九六-二〇〇五(高田文夫)」
「昏い水(マーガレット・ドラブル)」
「花火の音だけ聞きながら(いがらしみきお)」
「夜更けの川に落葉は流れて(西村賢太)」
「野良猫を尊敬した日(穂村弘)」
「ガケ書房の頃(山下賢二)」「野宿もん(かとうちあき)」

やっぱり半月で一桁。年間200冊ペースは維持しているが。
300冊までは少し遠い。がんばらねば。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年4月1日〜15日)
「コンパクトカメラの大冒険(草森紳一)」
「暴論 これでいいのだ!(坪内祐三/福田和也)」
「ひきこもらない(pha)」「火葬国風景(海野十三)」
「ビッグ・ヘッド(田中小実昌)」

今年は読書量も低迷。こちらも頑張らねば。
今日(昨日)は今月初の休肝日にして夜も少し読んだのだが……。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年3月の読書(2) [本を読んだ]

(2018年3月16日〜31日)
「炎と苗木(田中慎弥)」「暗い越流(若竹七海)」
「青い壺(有吉佐和子)」「談志楽屋噺(立川談志)」
「ブラ男の気持ちがわかるかい?(北尾トロ)」
「みなかみ紀行(若山牧水)」「軋む心(ドナル・ライアン)」
「ジャンプ(佐藤正午)」「これはマジメな喜劇でス(坊屋三郎)」

ギリギリだけどまた半月で一桁の冊数になってしまった。
まずまず読んでいるつもりなのだがなあ……。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年3月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年3月1日〜15日)
「彼女について知ることのすべて(佐藤正午)」「日常学事始(荻原魚雷)」
「TOKYO海月通信(中野翠)」「俳優・亀岡拓次(戌井昭人)」
「思えば、孤独は美しい。(糸井重里)」「枕元の本棚(津村記久子)」
「ファミリー・ライフ(アキール・シャルマ)」「にょっ記(穂村弘)」
「洋食セーヌ軒(神吉拓郎)」「東京ひがし案内(森まゆみ)」
「映画の話が多くなって(小林信彦)」

なんとか半月で10冊以上のペースに戻す。
佐藤正午の長編読み直し……のつもりが「彼女に…」は過去に読んでなかった。
nice!(1)  コメント(0) 

2018年2月の読書(2) [本を読んだ]

(2018年2月15日〜28日)
「コーヒーテーブルブックス(堀部篤史)」「セーヌ左岸で(犬養道子)」
「ノーラ・ウェブスター(コルム・トビーン)」「お引っ越し(真梨幸子)」
「ぼくの好きなキヨシロー(泉谷しげる/加奈崎芳太郎)」
「日本殺人巡礼(八木澤高明)」「新編たぬき汁(佐藤垢石)」
「メメントモリ・ジャーニー(メレ山メレ子)」

早くも半月で10冊を切るペースに落ちてしまった!
佐藤垢石についての本やエッセイは読んだことがあったが本人の本は初めて。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年2月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年2月1日〜14日)
「太田和彦の居酒屋歳時記(上)(太田和彦)」
「身の上話(佐藤正午)」「結婚(末井昭)」
「誘蛾灯 鳥取連続不審死事件(青木理)」
「文学を探せ(坪内祐三)」「二十四の瞳(壺井栄)」
「関西人の正体(井上章一)」「モンスターマザー(福田ますみ)」
「抱きしめられたい。(糸井重里)」「稲穂の海(熊谷達也)」
「因果鉄道の旅(根本敬)」

かろうじて半月10冊以上のペースをキープ。
以前からなぜか気になっていた熊谷達也を初めて読む。よかった。
読書量はまずまず多い方だと思うがまだ未読の作家が山ほどいる。
頑張っていろんな人のいろんな本を読もう!
nice!(0)  コメント(0) 

2018年1月の読書 [本を読んだ]

(2018年1月1日〜31日)
「アンダーリポート/ブルー(佐藤正午)」「シネコン111(吉野朔実)」
「誰も書けなかった「笑芸論」(高田文夫)」「餓鬼道巡行(町田康)」
「サブカルで食う(大槻ケンヂ)」「明日は、何処の空の下(上橋菜穂子)」
「志らくの言いたい放題(立川志らく)」「惑いの森(中村文則)」
「裏が、幸せ。(酒井順子)」「女優で観るか、監督を追うか(小林信彦)」
「運命と復讐(ローレン・グリフ)」「さらば東京タワー(東海林さだお)」
「残り全部バケーション(伊坂幸太郎)」「東京くねくね(松尾貴史)」
「いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件(大崎善生)」「京都の平熱(鷲田清一)」
「円の冒険(草森紳一)」「ギッちょん(山下澄人)」「旅の食卓(池内紀)」
「ポトスライムの舟(津村記久子)」

スタートダッシュとまではいかなかったが、
入院中も後半は軽いエッセイや短編集などを読んでいたので、
まあなんとか最低限の冊数は読めたかなという感じ。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 本を読んだ ブログトップ
メッセージを送る