So-net無料ブログ作成

今年最初の下仁田ネギ [酒の肴]

下仁田ネギが出始めると冬だなあという感じ。
今年初のは焼いたのに味噌をつけて。太くて甘い。
ついでに今年初のフグ(てっさ)も。
冬だなあ。
nice!(1)  コメント(0) 

今年最初のセコガニ [酒の肴]

食べられる期間が短いので早速食べておく。
内子も外子もまずまずでおいしい。
この季節しか食べられない故郷の味。
nice!(0)  コメント(0) 

やっと大きくなりました [酒の肴]

昨日行った居酒屋のメニュー札のサンマに添えられたコピー。
たしかに今年のサンマは小ぶりなものが多かった。
そろそろ秋は終わりかなと思いながら刺身を食べる。

今月くらいから冬メニューでセコガニとかフグとか魅力的だ。
暑がりの私は酒を飲むのはやはり冬がしみじみとして好きだな。
一人鍋とか、一人ヒレ酒とか、一人行き倒れとか……。
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ鍋 [酒の肴]

先週マタギ料理を中心に秋田の味が楽しめるお店に行った。
残念ながらその日は熊がなかったが鹿に猪に馬に兎も食べる。
しかしそれらの肉類よりもずっと気に入ったのがキノコ鍋。
学生時代にいろいろキノコを買って鍋にしたのを思い出す。
外食でキノコ鍋ってありそうであまり見かけない。
締めはもちろん稲庭うどんを投入です。
nice!(0)  コメント(0) 

珍味亭の焼きビーフン [酒の肴]

お気に入りの酒の肴(その77)
西荻窪「珍味亭」の焼きビーフン

ディープな台湾料理の店だが夜のみ営業で食事というより完全に飲み屋モード。
豚の尻尾や耳や足や皮など店名通りに珍味が揃い酒が進む。
しかしそういう珍味も大好きだがおすすめは焼きビーフン。
それほどあちこちで食べてはないが焼きビーフンってこんなにうまかったのか。
実際はどうか知らないが飲んだ後のラーメンよりカロリーも少なそうだし。
nice!(0)  コメント(0) 

松茸の土瓶蒸し [酒の肴]

天気が悪いせいか気温も低めですっかり秋の気配。
先週の新サンマ塩焼きに続き今週は今シーズン初の土瓶蒸し。

松茸は焼いたり天ぷらや松茸ご飯で松茸そのものを食べるより、
香り高い土瓶蒸しの出汁を飲むのが一番うまいと思うようになった。
nice!(0)  コメント(0) 

新サンマの塩焼き [酒の肴]

まだまだ暑くて夏な感じだがそろそろ新サンマが出始めた。
刺身は既に食べていたが今日は今シーズン初の塩焼きを食べる。
大きさもほどほど、焼き加減もよく、身もふんわりしておいしかった。

その季節しか味わえない一品というのはいいですね。
私の場合は新子やセコガニやハモに下仁田ネギあたりだろうか。
下仁田ネギは東京に来てから知ったのだが甘くてめちゃうまですね。
nice!(0)  コメント(0) 

豚足LOVE [酒の肴]

昨日久しぶりに豚足を食べた。
で、思い出した。私は豚足が大好きなのだった。
しかし東京ではどこに行けば豚足が食べられるのだろう。
そもそも豚足ってなに料理だ??
大阪では普通に近所の居酒屋にあったりしたのだが……。

求む!豚足のおいしい東京のお店情報!
nice!(1)  コメント(0) 

新子 [酒の肴]

今年はまだ新子を食べていなかった。
寿司屋に行ってもないことが多かったのだ。

ようやく今日地元に今年新しく出来た寿司屋で巡り会えた。
コースを頼んだらいきなりしょっぱなが新子の握りだった。
一貫5匹とほどほどの大きさでおいしかった。

しかしこのお店は門仲にしてはちょっと高級過ぎるか。
コース1万3千円にドリンクやサービス料で軽く2万円超だ。

てか何でもない平日に一人で贅沢しすぎてしまった〜。

琵琶湖産 [酒の肴]

今日は東京に戻って地元居酒屋で稚鮎の天ぷら。
大きさもちょうどよくしっかり苦味もあっておいしかった。
なんと偶然にも昨夜のモロコやスッポンと同じく琵琶湖産。

そういえば元々琵琶湖固有種のモロコは東京の店で出会ったことがない。
いやひょっとしたら大阪の店でも見かけたことがないかも。
すっかり高級食材になって京都で消費されるのが多いようだ。
メッセージを送る