So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

寿司 [雑記・その他]

寿司は大好物だが東京の寿司屋(特に銀座など)は高過ぎる。
とても普通のサラリーマンが日常的に楽しめる価格ではない。
その点、私がよく行く地元の寿司屋はとても良心的で安心である。
握りも並上特上などのランクはなく夜の握りは2000円の一種類。
10貫+お好み1貫の11貫。迷わなくてもいい上に一貫約182円の安さ。
東京全体がこれくらいの価格になってくれればいいのだが。
nice!(0)  コメント(0) 

モホークの太鼓他3本 [映画]

「モホークの太鼓」
今年の265本目。1939年、ジョン・フォード監督作品。
フォード監督初のカラー作品。主演はヘンリー・フォンダ。

「ヴェロニカ・フォスのあこがれ」
今年の266本目。1982年、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作品。
ニュー・ジャーマン・シネマを牽引したファスビンダーはなんと37歳没。

「助太刀屋助六」
今年の267本目。2001年、岡本喜八監督作品。
喜八作品としてはそれほどではないが楽しめる。何気に豪華キャスト。

「惑星ソラリス」
今年の268本目。1972年、アンドレイ・タルコフスキー監督作品。
思ったより難解な感じはないがいろいろ考えさせる。映像も美しい。
nice!(0)  コメント(0) 

カキとほうれん草のグラタン [酒の肴]

飲んでいるのは日本酒なのにたまに洋風のあてが欲しくなる。
カキの旨味とホワイトソースとチーズのこってり感が悪くない。
というかさっぱりした冷酒によく合っておいしい。
nice!(0)  コメント(0) 

老い [雑記・その他]

ますます進む高齢化。私もあっという間に老人になってしまうのだろう。
しかし今話題のキレる老人にはならずに楽しく年を取りたいものだ。

https://www.youtube.com/watch?v=UqSOCaVv8DE
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

11月27日(火)…「ジャズオリンパス!」「金太楼鮨」
11月28日(水)…「ジーエス」「鳥信」
11月29日(木)…「MOMO CURRY」「鮨やすだ」
11月30日(金)…「味のふたば」「たかぐ」
12月1日(土)…「香辛」「ベローチェ」「藤つぼ」
12月2日(日)…「三極志」「ささ谷口屋」
12月3日(月)…「ハンディー」
12月4日(火)…「curry peak」「緒川」
12月5日(水)…「萬福足立屋」「ドトールコーヒー」/「一二三寿司」(熱海)
12月6日(木)…「ほし野」「待合室2」「鳥信」

引き続きカレーを攻め続ける。
新御茶ノ水「ジャズオリンパス!」の赤いチキンカレー。
虎ノ門「ジーエス」のロースカツカレー。
吉祥寺「MOMO CURRY」の合いがけカレー。
青山一丁目「香辛」の香辛スリランカダブルカレー。
大森「ハンディー」のネパーリターリー。
浅草橋「curry peak」のチキンカツカレー。
nice!(1)  コメント(0) 

休日の過ごし方 [雑記・その他]

今日というかもう昨日だが久しぶりの有給休暇。
朝起きて映画を一本観てからランチは五反野の中華でチャーハン。
いったん帰宅してまた映画を一本観て夕食は熱海まで遠征。
行きはのんびり各駅停車だが帰りは酔っ払ってるので新幹線。
酔っ払った帰りの新幹線以外の移動中は読書三昧と私的には充実の一日。
約2時間だけ滞在の熱海への交通費がやや勿体無い気はするが。
nice!(1)  コメント(0) 

パリの灯は遠く他3本 [映画]

「パリの灯は遠く」
今年の261本目。1976年、ジョセフ・ロージー監督作品。
ラストにとてもロージーらしさを感じた。アラン・ドロン。

「メル・ブルックスの大脱走」
今年の262本目。1983年、アラン・ジョンソン監督作品。
メル・ブルックスは監督はせずに製作と主演。

「仁義なき戦い」
今年の263本目。1973年、深作欣二監督作品。
ちゃんと観るのは実は初めてかも。やはり熱くなりますなあ。

「ドリーマーズ」
今年の264本目。2003年、ベルナルド・ベルトルッチ監督作品。
残念なことに亡くなってしまいましたねベルトルッチ監督。
nice!(0)  コメント(0) 

隠居 [雑記・その他]

隠居するなら懐かしい自分の故郷もいいかなという気持ちも少しある。
私の故郷は恐ろしく田舎で町のHPを見ると驚くべき物件も多い。
200万円で10DK+物置部屋4つ+蔵4つで敷地はなんと1200平米。
明治45年築で田んぼや畑も付いているが最寄駅まで40キロ以上と陸の孤島。
不便だがそういうところに引きこもるのも面白いかもと思う今日この頃。

12/5追記
賃貸だが家賃2万円で11DK+蔵という物件にも惹かれる。
築年数不明(約300年)というのがたまらん。え、江戸時代かよっ!

https://kamicho-ijyu.com/house/
nice!(0)  コメント(0) 

もう歳だ [雑記・その他]

梅干しを見るだけで唾が出てきてしまうのと同じように、
最近は重いものを持つ人を見るだけで腰が痛くなってしまう。
そろそろ一線からは引退したいなあと思う今日この頃……。
nice!(0)  コメント(0) 

三河島でランチ [雑記・その他]

遠くはないが乗り換えがあって少し行くのが面倒な三河島は久しぶり。
最近は特に有名な店もなく賑わってるわけでもない地味な町が好き。
nice!(0)  コメント(0) 

ゲームの規則他3本 [映画]

「ゲームの規則」
今年の257本目。1939年、ジャン・ルノワール監督作品。
映画史上のベストテン等の企画では必ずあげられる名作。

「テルマ&ルイーズ」
今年の258本目。1991年、リドリー・スコット監督作品。
殺人や強盗など物騒な内容なのにとっても痛快。

「春の夢」
今年の259本目。1960年、木下惠介監督作品。
やや大げさな演劇的演出。全く名作ではないが面白かった。

「J・エドガー」
今年の260本目。2011年、クリント・イーストウッド監督作品。
さほど興味のあるテーマではないが引き込まれたのは監督の手腕か。

映画の本数も今年はやや低調。
年末のラストスパートで300本いけるかどうか。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年11月の読書(2) [本を読んだ]

(2018年11月16日〜30日)
「嗤う名医(久坂部羊)」「吉原で生きる(吉岡優一郎)」
「日本ボロ宿紀行2(上明戸聡)」「増上寺刃傷(松本清張)」
「談志狂時代(立川談幸)」「ニッポン放浪記(ジョン・ネイスン)」
「おいしい旅 夏の終わりの佐渡の居酒屋(太田和彦)」
「一月物語(平野啓一郎)」「談志狂時代2(立川談幸)」

今年もあと1ヶ月を残して172冊。
猛烈にラストスパートをすれば200冊達成可能かも。
しかしなぜこんなに読書量が減ってしまったのか。やはり歳のせいか。
nice!(0)  コメント(0) 

吉祥寺でランチ [雑記・その他]

今日は休みを取ってお昼は久しぶりに吉祥寺まで出かける。
4日連続でランチはカレー。やはりカレーは飽きない。
nice!(0)  コメント(0) 

みつお [雑記・その他]

金色の大きな蝶ネクタイをしてたからたぶんそうだと思うのだが、
今日せんだみつおさんを目撃した。なんとも懐かしい。

だって人間だもの ナハ!ナハ! みつお
nice!(1)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

11月17日(土)…「キュリー」「ドトールコーヒー」「山鯨屋」
11月18日(日)…「IZUMITEI」「ちょい虎」
11月19日(月)…「ティーダイニング」「待合室」「舟甚」
11月20日(火)…「三ツ矢堂製麺」「土佐酒蔵」
11月21日(水)…「かみや」「鳥信」
11月22日(木)…「チャントーヤココナッツカリー」「栄寿司(門仲)」
11月23日(金)…「つけ麺 和」「栃木屋」
11月24日(土)…「セイロンクイジン」「ドトールコーヒー」「ちゃんこ巴潟」
11月25日(日)…「ムタヒロ」「とり福」
11月26日(月)…「GREEN CURRY Mee」「入船」

カレーを攻める。やはりカレーはおいしくて飽きない。
国立競技場「キュリー」のポークカレー。
門前仲町「IZUMITEI」のチキンカレーのスタンダード。
淡路町「ティーダイニング」の一口カツカレー。
新御茶ノ水「チャントーヤココナッツカリー」の野菜カリー。
本所吾妻橋「セイロンクイジン」のタイピカルスリランカライス&カレー。
銀座「GREEN CURRY Mee」のグリーンカレー。
nice!(0)  コメント(0) 

セコガニ(3) [酒の肴]

早くも今シーズン3回目のセコガニ。いいペースだ。
さらに今日は下仁田ネギ焼き。味噌を付けて食べると甘い。
こちらもこのシーズンしか食べられない季節の逸品だ。
そして白子ポン酢。冬の味覚を満喫。
nice!(0)  コメント(0) 

ちゃんこ鍋 [雑記・その他]

昨夜は声をかけていただいて大勢で両国のちゃんこ鍋。
さすがにちゃんこ鍋屋に一人で入るのはきついので実は初めて。
急に寒くなってきたので鍋はいいですね。鰯のつみれが絶品。
nice!(0)  コメント(0) 

昼顔他3本 [映画]

「昼顔」
今年の253本目。1967年、ルイス・ブニュエル監督作品。
ブニュエルにしてはわかりやすいがやはり代表作のひとつ。

「美しい夏キリシマ」
今年の254本目。2003年、黒木和雄監督作品。
ややセンチメンタルな気もするがまあそれなりによかった。

「ナイト・オン・ザ・プラネット」
今年の255本目。1991年、ジム・ジャームッシュ監督作品。
5つの都市での5つの話。どれもいいがヘルシンキが一番好き。

「クロスロード」
今年の256本目。1986年、ウォルター・ヒル監督作品。
若いラルフ・マッチオが懐かしい。出来はともかく楽しめた。
nice!(1)  コメント(0) 

竹ノ塚でランチ [雑記・その他]

何度か降りたことはあるのだが竹ノ塚はめっちゃ久しぶり。
駅の高架工事をしているのだろうか駅周辺は落ち着かない雰囲気。
でも足立区は駅前に昔ながらの自転車預かり所がある駅も多く渋い。
ちなみにランチはつけ麺。たぶんまだ新しい店だと思うが大当たり。
nice!(0)  コメント(0) 

セコガニ(2) [酒の肴]

今シーズン2回目のセコガニは味も濃くておいしかった。
しかし大阪などに比べると東京は値段がけっこう立派だ。
その分、身などすべてほぐして甲羅に詰めて出す店が多いけど。
nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | -