So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

2018年10月の読書(1) [本を読んだ]

(2018年10月1日〜15日)
「東京犯罪空間(山中一郎)」「世界の産声に耳を澄ます(石井光太)」
「短歌と俳句の五十番勝負(穂村弘×堀本裕樹)」「佐渡の三人(長嶋有)」
「上を向いてアルコール(小田嶋隆)」「憎悪のパレード(石田衣良)」
「家族場面(筒井康隆)」

なかなか冊数的には伸びてこない。
でも長嶋有の「佐渡の三人」は面白かったなあ。
石田衣良の池袋WGPシリーズはややマンネリでつまらない。
筒井康隆は中学時代から読んでいてやはり今でも面白い貴重な存在。
nice!(0)  コメント(0) 

湯河原でランチ [雑記・その他]

移住候補地域を歩く企画の第二弾。
まずは湯河原でおいしいワンタンメンを食べて町を散策。
2回目の熱海に移動して前回見れなかったあたりを歩き回る。
湯河原は思ったよりのどかで悪くない。熱海もやはり面白い町。
歩きすぎて疲れたので帰りは新幹線。ちょっとした旅行気分だ。
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

10月2日(火)…「泰明庵」「ベローチェ」「入船」
10月3日(水)…「うどん茶屋」「緒川」
10月4日(木)…「旬夏秋冬」「舟甚」
10月5日(金)…「栄寿司(門仲)」
10月6日(土)…「とこだい」「あんどん」
10月7日(日)…「ます田」「板和」
10月8日(月)…「謝朋殿」「ドトールコーヒー」「千代勢」
10月9日(火)…(外食せず!)
10月10日(水)…「牛若丸」「タリーズコーヒー」(北与野)/「庄助」
10月11日(木)…「香の里」「土佐酒蔵」

とんかつは押上「とこだい」の一軒のみ。
酸辣湯麺は虎ノ門「旬夏秋冬」と錦糸町「謝朋殿」の二軒。
どちらも少し飽きてきた。次は何を攻めようか。
nice!(1)  コメント(0) 

ピーター・セラーズの愛し方他3本 [映画]

「ピーター・セラーズの愛し方」
今年の225本目。2004年、スティーヴン・ホプキンス監督作品。
主演のジェフリー・ラッシュがよく特徴を捉えていてよかった。

「ブルーサンダー」
今年の226本目。1982年、ジョン・バダム監督作品。
公開時に映画館で観て当時けっこう気に入っていた記憶がある。

「ハウスメイド」
今年の227本目。2010年、イム・サンス監督作品。
名作のリメイクらしいがストーリーもありがちでいまいちピンと来ない。

「できごと」
今年の228本目。1967年、ジョセフ・ロージー監督作品。
脚本はのちにノーベル文学賞を受賞するハロルド・ピンター。
nice!(0)  コメント(0) 

練馬でランチ [雑記・その他]

大江戸線で終点の光が丘まで行ってみる。
初めて降りる駅なので周辺を少し歩き回ってみる。
団地と公園と大型商業施設しか見当たらない。
いい店がなさそうなので練馬まで引き返してランチ。
nice!(0)  コメント(0) 

アパートの鍵貸します他3本 [映画]

「アパートの鍵貸します」
今年の221本目。1960年、ビリー・ワイルダー監督作品。
名作だが観るのは初めて。サラリーマンの悲哀も感じますな。

「虚栄のかがり火」
今年の222本目。1990年、ブライアン・デ・パルマ監督作品。
トム・ハンクスとか悪くないがデ・パルマ作品としてはいまいち。

「ダイナマイトどんどん」
今年の223本目。1978年、岡本喜八監督作品。
菅原文太に北大路欣也。金子信雄に嵐寛寿郎もいいなあ。

「時計じかけのオレンジ」
今年の224本目。1971年、スタンリー・キューブリック監督作品。
すごく久しぶりに観たがやはり今でも鮮烈さに圧倒される。
nice!(0)  コメント(0) 

電子レンジ [雑記・その他]

オフィスに冷蔵庫と電子レンジがやって来た。わーい。
でも私は生まれてから一度も電子レンジを使ったことがない。
どうやって使うんじゃ!いろいろスイッチがあってようわからん。
nice!(1)  コメント(0) 

土瓶蒸し(2) [酒の肴]

今年2回目の土瓶蒸しは900円と比較的安いがおいしかった。
涼しくなってきて今月来月あたりが土瓶蒸しがおいしい季節。
nice!(1)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

9月22日(土)…「鳴声」「あじいち」「イー亭」
9月23日(日)…「華興」「ドトールコーヒー」「辰巳鮨」
9月24日(月)…「うな重」(熱海)/「なお吉」(大船)
9月25日(火)…「威南記海南鶏飯」「ベローチェ」「たかぐ」
9月26日(水)…「礼華」「とり福」
9月27日(木)…「龍の眼」「待合室2」「ささ谷口屋」
9月28日(金)…「中華楼」「郷」
9月29日(土)…「三節」「鮨千倉」「大江戸」
9月30日(日)…「ムンバイパレス」「KARASU」
10月1日(月)…「cozy」「待合室2」「鳥信」

とんかつは大塚「三節」一軒のみと一休み。
引き続き酸辣湯麺は攻め続けています。
西巣鴨「華興」に新宿御苑前「礼華」に浅草橋「中華楼」。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年9月の読書(2) [本を読んだ]

(2018年9月16日〜30日)
「穴(小山田浩子)」「仙人の桜、俗人の桜(赤瀬川原平)」
「『濹東綺譚』を歩く(唐仁原教久)」「何?(後藤明生)」
「秋山祐徳太子の母(秋山祐徳太子)」「FAKEな平成史(森達也)」
「変わったタイプ(トム・ハンクス)」

なんとか年間200冊は行けるかというやや低調なペース。
楽しんで読めているのでいいのだが。やはり集中力の衰えか。
nice!(0)  コメント(0) 

近所で飲む [雑記・その他]

台風接近で遠出は控え近所だがまだ行っていないお店に行く。
「酒とビストロ」を謳ったバル風のこじゃれたお店。
普段の私ならまず入らないであろうタイプのお店である。

日本酒と洋風料理を組合せており結果からいうとかなり良かった。
酒はおまかせで特に燗を注文するとかなり変化球を投げてくる。

でも洋風料理はやっぱりよくわからんし注文しづらいかも。
「す、すいません、イラのヴァポーレをください」
メニューから適当に注文するが自分でも何を言ってるのかわからん。
なんやそれ。50年生きてきて初めて「イラのヴァポーレ」って言ったわ!
nice!(0)  コメント(0) 

秋刀魚の塩焼き2018(6)(7) [酒の肴]

まずまずのペースで食べ続けています。
今年の6本目も7本目も悪くなかった。7本みんな違う店で食べる。
表面がキラリと美しく焼き上げたのもいいが焦げ焦げな感じも好きかも。
nice!(0)  コメント(0) 

町を歩く [雑記・その他]

一昨日は真鶴だけでなく熱海、小田原、大船も歩いてきた。
中一日経った今日は少し筋肉痛。あたたた……。
nice!(0)  コメント(0) 

真鶴を歩く

真鶴というのは東海道線で熱海の二つ手前の駅。
漁港のある漁師町というのが私の故郷と同じで懐かしい感じ。
風景は美しいが起伏の激しい町でかなり足腰にきました。

2年後の会社からの家賃補助期限切れに伴い東京脱出を計画中。
引っ越し先候補の町を定期的に訪れようと思っている。
nice!(1)  コメント(0) 

サマリア他3本 [映画]

「サマリア」
今年の217本目。2004年、キム・ギドク監督作品。
悪くはないのだがいまひとつすっきりしない感じもある。

「河」
今年の218本目。1951年、ジャン・ルノワール監督作品。
ルノワール初のカラー作品は父親の絵画を彷彿させる美しい画面。

「隠された記憶」
今年の219本目。2005年、ミヒャエル・ハネケ監督作品。
またもや人の心をざわつかせるハネケの作品。

「今日もまたかくてありなん」
今年の220本目。1959年、木下惠介監督作品。
それほどいい作品とは思わないがそれでも楽しめる木下惠介。
nice!(0)  コメント(0) 

新中野で飲む [雑記・その他]

新中野駅で降りるのは3回目か4回目のはず。
東京に来て12年間でこの回数だからかなり少ない。
けっこうお店もあるしまだまだ開拓の余地はありそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

ケープ・フィアー他3本 [映画]

「ケープ・フィアー」
今年の213本目。1991年、マーティン・スコセッシ監督作品。
ロバート・ミッチャムに少ししか出ないがグレゴリー・ペックまで。

「青春残酷物語」
今年の214本目。1960年、大島渚監督作品。
さすがに時代を感じさせるが今観ても十分に楽しめる。

「ラストタンゴ・イン・パリ」
今年の215本目。1972年、ベルナルド・ベルトルッチ監督作品。
なんとベルトルッチは30歳にしてこの作品を作ったのか。

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」
今年の216本目。1996年、ロバート・ロドリゲス監督作品。
ひゃー。普通のアクションだと思っていたらヴァンパイアな映画だった。
nice!(0)  コメント(0) 

出没記録 [雑記・その他]

9月12日(水)…「天鳳」「花菱」
9月13日(木)…「ベローチェ」「かめや」「鳥信」
9月14日(金)…「カーンケバブビリヤニ」「栄寿司(門仲)」
9月15日(土)…「西湖春酒家」「ツバキcafe」「武ちゃん」「三洲屋」
9月16日(日)…「喜久寿司」「もりやま」「はじめ」「まつば屋心平」
9月17日(月)…「天寿々」「ドトールコーヒー」「鶴来」
9月18日(火)…「志味津」「入船」
9月19日(水)…「オスロコーヒー」「香酒縁」「まら」「BARBAR」
9月20日(木)…「檍」「エクセルシオールカフェ」「桃の木」
9月21日(金)…「オールドタイランド」「鳥信」

なんだかんだいいながらまだ続いているとんかつ。
板橋「天寿々」に表参道「志味津」に銀座「檍」。
そして新たに攻め始めたのは酸辣湯麺。
中野坂上「天鳳」に新橋「西湖春酒家」に五反田「香酒縁」。
nice!(1)  コメント(0) 

秋刀魚塩焼き2018(5) [酒の肴]

早くも今年5本目を食べる。ワンシーズンに5本以上は数年ぶりかも。
1200円もしたのでさすがにおいしいが今シーズンのベストは最初の一本かな。

ところで今までのベストのサンマの塩焼きってどこだろう。
まず思いつくのは池尻大橋「つくしのこ」だろうか。
ちょうど季節だったのか行った時は必ずサンマが出てきた気がする。

でも予約をしなければ入れない店ってちょっと苦手だ。
予約取れたので行きませんかと誘われればホイホイ行くのだけれど。
nice!(0)  コメント(0) 

秋刀魚塩焼き2018(4) [酒の肴]

早くも今シーズン4本目と久しぶりのハイペースだ。
今年の中では一番小ぶりだったがそれでも味は悪くない。
今月中にあと1、2本食べていい印象のうちに今年は終了しようか。
nice!(1)  コメント(0) 
前の20件 | -